アクリル水槽・アクリル製品の製造・加工・販売のプラックス

【Plax】アクリルのことなら! 株式会社 プラックス

皆さまからのご質問お待ちしています
項目
Q&A
関連記事
水槽に関する質問

Q1:水槽の厚みは、どの位の厚みだと膨らみませんか?

 

A1:アクリルの性質上、厳密には多少膨らみます。標準規格水槽リストに記載されたサイズの水槽は、同サイズで厚み違いの商品がありますが、当然厚いサイズの水槽の方が膨らみが少ないと言う事になります。

 


Q2:水槽って、少しでもサイズが変わると値段が極端に変わるのはどうして?

 

A2:水槽を構成している、前・背・側・底板、それぞれの板は、国内メーカーから出されている数種類の規格サイズから選び、カットして、切り出します。

例えば材料が、1800mm×1200mmだとした場合に、水槽に必要な板1800mm×600mmを切り出す場合には、ちょうど2枚取れ、無駄がありません。

ところが、制作に必要な板1800mm×650mm必要な場合、この材料からは、1枚しか切り出せません。もちろん可能な限り、必要な材料をより良く切り出せる材料を探したり、残りの材料を有効に使用できる場合には、良いのですが、そうでない場合には、値段に反映されてしまい極端な差が生じます。

 

 

 

 

Q3:水槽は、何年位使用できますか?

 

A3:水槽の材料であるアクリルは、基本的に通常環境で融けたり、木材の様にシロアリなどによる致命的影響を受けたり、鉄の様に錆びて崩れたりする事はありませんが、通常管理における生活キズ(水槽の掃除中やレイアウトの際の装飾品などによるキズ)で透明度が低下する事は、ある程度避けられません。また、鉄も木材も同様ですが、アクリルは、季節の温度変化や厳密には1日の温度変化により、収縮と膨張を繰り返しています。あるいは、水槽設置環境(水槽の水平度合い、水槽架台の材質による収縮の変化、時には、地震の揺れをどの位、何度受けたかなど)によって起こる、水槽補強フランジなどの剥離(はくり)現象(接着面が、少しづつ剥がれる現象)やセンターフランジの破損は、常に、水圧を受けている水槽の場合、何年使用しても起きないとは、残念ながら言えません。しかし、一般的な使用環境下であれば、水槽として使用する上で10年以上、ご使用頂く事も十分可能です。但し、前述でもあるように、使用環境の違いによる耐久性の違いもありますので10年を保証するものでは、ありませんが、より長くご使用頂く為の注意事項を記載していますのでこちらも参考にしてください。

 

Q1関連

05-110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q3関連

05-110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他アクリル製品

Q50:カット板の販売は、やってますか?

 

A50:はい、可能です。カットサイズや厚みの指定をしてください。

他にも、取り扱い商品(板)の種類や色などお問い合わせ下さい。

 
     
     
     
     
その他

 

 

Q300:現場工事や下見など出張は、可能ですか?

 

A300:はい、可能です。ただし、出張費・交通費・宿泊費(必要に応じて)が必要になります。詳しくは、依頼内容をこちらのフォームからお問い合わせ下さい。

 

Q301:出張費は、どのぐらいかかりますか?

 

A301:内容により例外も考えられますが,基本的な出張費は、次の表を参考にして下さい

 

項目
内容
料金

出張費

(工事/打ち合わせ)

1人×1日
25,000円
交通費(公共機関)
実費
交通費(車)

移動距離1km

の単価(往復)

50円
宿泊費
1人×1泊
8,000円

日程は、ご相談の上、決定いたします。

日本全国、伺います。

工事などで使用した部品代は、別途必要になります。